年配の方が使いやすい財布といえばどんな材質がおすすめ

年配の方は若者より体力等が著しく劣ってしまっていることもあるので、それを考慮した財布を持つことをおすすめします。
財布の特徴は素材によって大きく左右されますから、素材から年配の方に使いやすい財布を選ぶことも重要です。
どのような材質の財布が使いやすいのか、買い替えを検討、あるいはプレゼントをお考えの方は、以下のポイントを参考にしてみてください。

 

革財布なら柔らかく軽い材質がお勧め

 

年配の方にも人気の財布の材質といえば、やっぱり革素材です。しかし革といっても種類は豊富で、年配の方に使いやすい革とそうでない革があります。
使いやすい革財布は、柔らかくて軽い革を使ったタイプです。革の定番は牛ですが、他にも馬や羊、豚、山羊などがあります。この中で柔らかく軽く年配の方にお勧めなのは、羊の革です。羊の革は非常に柔らかいので、財布の素材として使えば革財布でイメージしやすい固くて重くて使いにくいということもありません。
また定番の牛の革でもカーフという子牛の革を使った財布は柔らかく使いやすいです。他にも加工によって固い革でも柔らかくしたり、手に馴染みやすくしているものもあります。
革財布は重く固く使いにくいから年配の方に向かないと決めてしまうことはありません。年配向けにも使いやすい革財布を手掛けるブランドもあるので、チェックしてみましょう。

 

手の力が弱い方には布製の巾着財布も人気

 

病気や体力の低下で手の力が弱いという年配の方もいるでしょう。すると、財布でよく使われるボタンやチャックで開閉するタイプは使いにくいこともあります。そんな年配の方には、布素材を使用した持ち運びにも便利な巾着財布がお勧めです。
巾着財布は、巾着袋と財布の中間のようなもので、一般的なのは長財布のような形状で、口は紐で閉じます。紐を巻き付けて簡単に結うだけなので、力が弱い年配の方でも苦になりません。
素材は合成繊維や本革などもありますが、布製が使いやすく、風合いも出て面白味があります。年配の方にも馴染みやすいでしょう。一風変わった和財布なので、和服が好みの方にピッタリですし、お洒落財布としても活用できます。

 

材質だけでなく使いやすさもしっかり考慮

 

年配の方が使う財布は使いやすさを重視しましょう。
素材によって使いやすさが大きく決定するのはもちろんですが、革より軽い布の方がいいと決定できるものではありません。革でも素材や加工次第で年配の方でも使いやすくなります。実際に財布を手に取ったり、よく調べてみたりして、自分が、あるいは贈る相手が使いやすいかどうかをチェックしましょう。